« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/31

ところで羊ですが・・・・。

コレ、ショーウィンドーにおるそこの羊、何者じゃ。・・。

いえ、なんてことない、ある意味まったく見た目通りの○○なんです。マルマル(○○)でもオマルじゃないことは確かです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インターネット、復旧。(喜)

image.jpg

先週土曜日から突然、インターネットが繋がらなくなった!(汗)

家にある3台とも、突然に。一気に。えー?先日やっとワームを駆除したばかりなのに・・・・。そこで思い出された14師匠のお言葉。「ホントに大丈夫?どっかに潜んでるんじゃない?」。はぁぁ~、勘弁してよ~。(泣) 今日明日で、デザイナーに原稿や写真送らなければ、「軽くヤバイ」・・・じゃなく、「かなりヤバイ」。

いや、でも、でも、それはオカシイ。3台一緒だもん。これは回線の問題だろうと。聞いて、調べて、判明したのはマンション各戸に配線されているネット幹線用のハブの故障。電気のブレーカーなんかがあるあたりに滋味に鎮座ましているコレがサ、見事にパワーランプがついていなかった。抜き差しし直したら、今度は使っていないプラグまでランプが点く始末。だめだこりゃ。

昨日夕方、ビックカメラにマッハ3で走り、購入。取り替えました。あっけなくつながりました~。(涙)メール28通、受信してました~。

思ったコト(1)ネットが繋がらない状態って、軽く世間から隔離された気分。 (2)一家に一台、PCオタクは欲しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/27

この羊は何ものか。

銀座のあるショーウィンドゥにて、人間ウォッチをしておる羊でございます。
さて、何会社の何ものかというと…。200601271349000.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/26

シアワセの金平糖、ひとつ。

200601260708000.jpg

今朝、卵かけご飯がいいなという、息子が割った卵は双子。見て、見てと「今日はきっといいことがあるヨ」と大喜び。写真にまで撮った。

月刊アレコレ最新号の「きもの気分」は、「シアワセの金平糖を探そう」。

結構、人って小さなこと、意外なことでもシアワセ(な気分)になれるじゃないですか。

それって、みやざえもんの中では金平糖みたいなイメージ。小さくて、星みたいに可愛くて、甘くて・・・すぐ溶けるけど。(笑)

いつも「つまらない」人は、金平糖を探すのが下手な人なんだと思うわけです。今朝の息子の金平糖は、黄色でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/01/25

今日はイラスト描いてます。

200601252250000.jpg

編集というお仕事なわけです。元は元は、ま、コピーライターなんですが。

でも編集と名乗っても、ライターと名乗っても、お仕事って「書く」だけじゃ成立しないわけで。そりゃ、何の職種でもそうですよね。

本来の仕事が半分、その仕事ができるところまでこぎつける労力、とゆーか、周辺のお仕事が半分、てゆーところでしょうか。

みやざえもんの場合、その周辺のお仕事のなかに、撮影があったり(カメラマンに頼むだけじゃなく、自分が!撮る)、スタイリングがあったり、着付けがあったり力仕事があったり(笑)・・・・・、イラストも描いたりするわけです。

セレブなエディターを目指すみやざえもんとしては(笑)、ちょっと違ってると思いつつ、でも・・・・写真もイラストも、嫌いじゃない。・・・ないけど、それが当たり前って思われるのもな~。考えながらリニューアルするコーナーのイラストをせっせと描く午後でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワ-ムで大量メールがやってきた。

昨日から同じメールが大量に届くようになりました。明らかにワーム?と思われます。複数使っているアドレスのうち、やっぱり主に仕事で使用するほうです。とりあえず別なほうは使えるというものの、送信しようにも受信のタスクが終了しないのでトレイに残ったまま。トホホホでしたが・・・。ノートン入れているのでブロックはされているはずですが、増殖したヤツでしょうか、しばらく送信が止まりませんでした。一時はあせって現在使用中の原稿を避難させたりしましたが、本日復旧。

一昨日から撮影やらポジ選びやらで、PC前に座っている時間がいつもより少なかったので気づくのも遅れたようで。でも、便利は不便。いまPCに何かあったら・・・・でも、ま、なんとかなるとは思うけどね。人間に感染するわけじゃないからね。米国の農務次官じゃないって(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/23

桔梗、THANKS

たった今、届いたよー。(^O^)/image.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日、涙、涙の睦の撮影。

なぜ涙か。凍りそうな寒風と、撮影ができたという歓喜の涙です。たった一日、この日のためになーんでこんなに大変なのっていう、トラブルを乗り越えました!200601231258000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

ひ志おで、鍋。

image.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/21

ならばみやざのジョニー デップも。

depp2

どこかのブログで役所宏司が元気なようだけれど。ビジュアルまで出されたら、みやざえもんも出さぬわけにはいくまい。JOHNNY  DEPP、彼の従順さのかけらも無いような容貌、しかし誰もに伝わるクールな熱さは、昨今の軟弱、半端なイケメン俳優など、足元にも及ばぬカッコよさです。彼は役柄で本当に見事なくらい、別人になる。殺し屋にも作家にも海賊にも、弟思いの兄にも宇宙人にも・・・。

このサイトではデップの話題満載。でも完全に理解できぬが口惜しいところ。国内ではここが充実のサイト、お気に入りに登録してます。ホント、かっこいい! 早世したリバー フェニックス(STAND BY ME)も大好きだったけど、やっぱり雰囲気がよく似ている。因みにデップは役所氏より若い。・・・勝った!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ひ志お、ただいま到着。

image.jpg

14師匠、たった今ご一行様お着きになりました。(笑) ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真3点は何かというと・・・・。

いきなり、の写真でした。これらはみやざえもんがネットで購入した腰紐や半襦袢です。「簡単」を追求する最近の襦袢関係。いわゆるうそつきの進化系はいろいろ出回っています。でもこれら、興味を引いたのが、ガチャックという道具を使うところ。そしてゴム付き腰紐など。最近はネットの仕立て屋さんも多いのですが、これを製作販売している縫さんはきもので生活している和裁士。便利さ、着心地、手入れ、着崩れ・・・・・彼女自身が実験台となり確かめてみたその結果、視点が”縫いこまれている”商品です。主力は半襦袢や裾よけの下着類。うそつきもいろいろ試験的に製作し、試した結果をサイトにもアップし、で「コレがいいかな」という商品を紹介しています。

結構、仕事柄というか、撮影小物も必要だし、自分自身も使ってみよう、試してみようが必要なので普段使わないものも購入したりします。(コレが結構ある・泣)ビーズ半衿も3点も頼んでまだ使ってないし。でも縫いさんのは「作り手」の視点に惹かれたというのもあります。なるべく早い機会に使ってみよう。とりあえず週末は、試合がはいったので×だけど・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/20

200601172231000.jpg

ファスナーで取り外すことができる半襦袢。ま、これ自体はよくあります。生地はオプションで綿麻にしてもらっています。袖が「長さ5段階調節段々畑袖」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200601172238000.jpg 

ガチャックという文房具。ホッチキスの「はさむ」版と考えてください。繰り返し使え、動いても外れない(という製作者の実験結果)。また予想に反して、きものの上からはわからない。肩には三河芯みたいなので縫い付けてある長さ5段階調節段々畑袖。(勝手に名命している)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

200601172251000.jpg

これは腰紐。途中にゴムを縫込み、つなげてあります。実はこれが一番期待しているグッズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

セントクリストファーガーデン

image.jpg ロケハンに自由が丘へ行ってきました。セントクリストファーガーデンというカフェです。英国風スタイルの紅茶を供する、瀟洒な洋館風のカフェです。小さいけど中庭があって、敷地内にはカフェの建物とは別に紅茶売り場の建物もあります。3月に向けた記事なので、春っぽい、そして自然が薫る空気感が出るかなと、見に行ったワケです。チェックしながら、ランチのサンドウィッチをオーダー。選べる紅茶はアッサムティに。マネージャーにOKはとれ、あらかじめ用意した企画書を渡してきたものの、肝心の取材相手から、時間OKの連絡が、まだないなぁ。日にちは取ってあるんだけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/16

ヨーガの撮影。

IMGP1821 本日、ヨーガの撮影。合間の一枚です。 先生のゆかりさんはお子さんが3人!(見えない!)最近はホットヨーガやらパワーヨーガやら、痩身を目的として習う生徒さんが多いとのこと。で、ゆかりさんは教えるそうです。

「一度、出しなさい」と。何を? 赤ちゃんを、です。つまり、妊娠して出産する。その赤ちゃんが出た直後からヨーガで身体を締めると、痩せ易いのだそうです。えー、そうなんですかぁと、ビックリ。妊娠出産してから戻らなくって、という声はよく聞きますが、実のそのときを逃さず、しっかりヨーガを実践すると痩せるとのこと。生徒さんの反応は、「産んでみようかな」。でもその前に「先生、誰か紹介してください」。そっからかい。(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/15

クサンチッペにはなれない。

昨日1日バタバタしていたので、悪のブロガー退治をサボったら、案の定、暗躍していた。アンコとはつながらない悪妻コメント。名を馳せる悪妻って並外れた才能ある夫につきものらしい。・・・それからすれば、我らは悪妻にはなりたくてもなれませぬ。(笑) maymaymanの奥方なんて、超良妻。(爆)

でも「ヤンキー婆さん」でひとつ思い出したのは―。よく「将来は可愛いおばあちゃんになりたいですね」なんてゆーじゃない。その昔、アタシはやだね。きっちり言いたいこと言う、ワガママでいやーな婆さんになりたい、と11に言ったら「すでにその夢、かなってるよ」。・・・・・・ムカツク夫です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨天、撮影。

昨日は月刊アレコレの新しいコーナー「きものびと十人十彩(じゅうにんといろ)」の第1回目の撮影。予報通りの雨。本当は外で撮りたかったけど、屋内での撮影。カメラマンの吉池さんと10:30AMに家の前で待ち合わせて、現地、桜上水へ。取材する方の着付けをみやざえもんがしたのち、先にインタビュー。移動して撮影。今日の撮影は日舞名取で歌舞伎大好きな薬剤師さん。楽しい話が聞けました。終了した頃、雨はピーク。でも、なんか春っぽい雨でした。実はみやざえもんは雨は嫌いじゃないです。(撮影に降らなければ・笑) 帰宅して4:00PM。チョ~お腹空いたぁー。

今朝はスコアラーで朝7:00集合。雨も上がり、本当に3月の暖かさ。いつもはすっごい寒くて、スコアをつける手もかじかみ、小さい枠に書き込むのが大変なんだけど、今日は楽。さて、明日もまたヨーガの撮影があるので今晩は少し頑張って原稿を書くぞー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/13

本日、初釜。一期一会。

image.jpg

 初釜に使う特別の茶碗は「嶋台」といって、大小で一組になっている井戸型茶碗の内側にそれぞれ金と銀の箔を張ったものを使います。写真は銀を貼った、大きいほうの嶋台茶碗。お茶は飲んだあとの茶碗の内側を「景色」といって、(洗わないで)客に拝見に回しますが、これも「景色」。お濃茶の艶があり、よく練れているお茶だということがわかります。お濃茶は先生が、そのあとのお薄はみやざえもんが点てました。

先日、11と三井記念美術館へ行ったとき、11の目当ては「熈代勝覧(きだいしょうらん)」の絵巻物。みやざえもんは茶道具に目がくぎ付け。三井家のコレクションは茶道具を中心とした逸品が多く、国宝の志野茶碗もあります。5~6年前、友人の器の店で出会った唐物の大井戸茶碗があった。形とかいらぎが素晴らしく、欲しかった!でも非常に良心的なその友人の店でも10万単位の値。多分ほかの店に渡れば全く手に入らないだろう値段になることは目にみえていたけど、やっぱ買えなかった。(泣) いまは、店にない。まさに一期一会。くやまれる。でも、再会しても買えないだろうけど。(笑)

校正、今回は惨敗。ドタンバでの写真の差し換えやらなにやらで、今回の修正費は高くつきそう。(涙)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/01/12

「感謝」という言葉をしみじみと。

PICT1036 みやざえもんの誕生日ケーキです。私がお茶の支度をしている間に、家族がそれぞれ適当に蝋燭を立ててくれたけど、その立て方がランダムで、イラストっぽい感じに納まっていて絵になると思いません?このいー加減さがいかにも我が家らしい。(笑)

大人は年々、誕生日を知っていてくれる人が少なくなっていく。子どもや若者とはイベントとしての意味合いも違ってくるしね。でも、やはり祝ってもらえるというのはまっとうに嬉しいものです。家族や友人、そしてネット上でも「おめでとう」のメッセージをもらえることに、本当にmaymayman言うとおり、誰かれなく感謝したい気持ちです。ありがとう。

ところで今日の校正、直しがいっぱいあった~。(泣) 明日の再校に賭ける!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/11

1並びの女。

image.jpg

今日は1/25発行の月刊アレコレ13号の入稿日。明日は校正が出ます。直しが無ければいいんだけれど。――ところで、みやざえもんは1並びの女。そう、今日1/11がBIRTH DAY。14師匠と同じ1月生まれです。

で、写真のネックレスは11歳の息子の誕生日プレゼント。右が一昨日もらったプレゼントで、左が去年のプレゼントです。小さいながらダイヤが入っています。因みに一昨年とその前はイヤリングでした。どれも小学生にしてはかなり値が張る品物です。小学生らしからぬ贈り物のそのわけは、多分11に張り合っているから。父、11と一緒にプレゼントを選びに行く。11は比較的アクセサリーを選んでくれる。そばで見ている息子は「自分も」と思ったようで。何しろお年玉をもらったばかり。気は大きいワケです。そんな高価なものでなくてもいいと言うのだけれど、「いま別にオレ、買いたいものもないし」といいながら・・・、でも、それをもらうための儀式がちょ~大変。ちょっと注意したり、怒ったりすると、首のネックレスを見つつ「○○円!」と消費税込みの値段を呪文のように繰り返す。オマエな~。そこで丁々発止、言葉のやり取りがあって、終いに「あのね~、オレ、おかーさんと漫才やってるヒマないの」といってその場を立ち去る。おのれ。・・・でも、あと1年、かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/09

月刊アレコレの料理の撮影でした。

PICT1009 今日は月刊アレコレの「アレ食べよう。コレ作ろう」の撮影でした。以前にもこのブログで紹介したのですが、料理はミワコさん、写真はクン太が担当してくれています。今日の素材は牡蠣。撮影終了後はその料理をご相伴させていただきました。いつもながら美味。

しかも今日は祭日だったこともあって、ミワコさんのご主人がキッチンに立って椎茸のホイル焼を作ってくれました。飲みに行った先で食べた料理とのこと。生椎茸に焼き豚や玉葱をを刻んだものを乗せてオリーブオイルをかけて蒸し焼きにしたもの。ワインに合いそうな一PICT1016品でした。因みにご主人はN製粉の研究室にお勤めで、将棋を愛し、セミプロ級のヴァイオリンを弾き、オペラのサークルに所属して20年近く?毎年(コメディチックな)オペラ歌手としての実力も披露している粋人。みやざえもんやクン太も花束抱えて観に行って、腹抱えて笑ってきます。(笑)今年の演目は何かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/07

台湾で思い出した。

maymaymanが台湾へお正月旅行。故宮博物館のことなどもブログに書いていました。――思い出しました。みやざえもんも大昔、台湾へコーラルプリンセス号という客船で行ったことがありました。仕事だったので、上陸して現地で寄ったのは故宮博物館だけでしたけど。ここはよかったんだけど・・・・。

空の客船でトンボ帰り。が、この帰路、コーラルプリンセスの船長も「かつてない」という嵐に遭遇。アナタ、横揺れでザザ~と寄せては返すダイニングの椅子やテーブルに追っかけられて、「タイタニック」みたいに一緒にいたスタッフとあわてて窓際に逃げたんですから。自分たちも運ばれないよう、摑まりながら。

考えたらあの時、スタイリストの大久保さんもスタッフとして一緒だったんです。各部屋「大丈夫ですか」と声を掛けて回ったとき、大久保さんは1人、早くもライフジャケットを着けて(笑)、部屋の隅で「怖い~」と固まっていたのをよく覚えてます。その後も皿は割れ放題、売店の商品も壊れ放題。被害額も相当だったらしい。皆、恐怖と船酔いで死んでいました。いまに思うと、よくぞ無事帰り着いたもんですワ。因みにこのときの様子が週刊朝日の記事になったくらいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/06

月刊アレコレ、2006。

13号目となる次号の月刊アレコレ。創刊1年を迎えて、一部衣替え。さらに新しい連載が増えます。

・・・・・・でも、その14号の原稿にそろそろ着手せねばならないこの段階でも「どうしようか」と考えること、迷うこと、多々。撮影もしなければならないのに・・・。最近は編集する自分の(いい意味での)勝手わがままを優先させようという気持ちが、正直強い。月刊誌として継続するには、制作側の立場としてはかなり条件が厳しい。予算、人手諸々と。でも何の仕事だって、100%満足できる条件の下でできることなんて稀なんだからと、自分に言い聞かせます。

以前、愛知博に携わった建築家が言ってた言葉。「予算があればもっとすごい仕事ができる」というのは錯覚であり、自分ができないことの言い訳でしかないと。逆に言えば条件がつかない仕事などないわけで、その中で工夫し考えるからこそ、ときとして「すごい仕事」ができるのだと。・・・そう、アレコレの合言葉「袂に知恵と工夫」は、制作にもいえること。ガンバロー!そのためにまず今日は寝よう。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/04

着崩れはなぜ起きる?(ババシャツの話2)

「天使の衣シャツ」の話ですが。つまり、きものの下着の話ですがー。

着崩れはなぜ起きるか。「下着が動くから着崩れる」。「着崩れを防ぐその壱」は、きものの下に気を配る、です。簡単下着や、きものスリップも否定はしません。でも、着崩れを本当に防ぎたいなら肌着や襦袢をしっかり肌に着ける、ですね。「しっかり」とは、きものの下で動かないこと。きものスリップは身体の上で動くので、それが着崩れを招く要因となります。

で、今回みやざえもん的にヒットだった「ババシャツ」ですが、私のはwingの商品。¥2600~¥3300位。はっきり言ってババシャツにしては、そう安くはない。でもストレッチタイプで身体にフィットするんです。静電気も起きにくい。ユルユルと動かない。衿ぐりが大きめになっているので、衿元にも響かないし。このシャツに裾よけ、長襦袢です。しかも絶対温かい。ちょっと色気にかけますが、ま、「あ~れ~、ごむたいなコトをなさいますな、お代官さまー」みたいな事件が起こりそうにない人にはオススメです。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/03

遅い初詣。(ババシャツの話1)

PICT0862PICT0896 今年の初詣は遅かった。元旦、2日は天気がいまいちだったこともあって、また、先の通り、うちん中がグジャグジャだったこともあって・・・。

初詣はお正月っぽく、柔らかい染めの小紋で。飛び柄が好きです。ここ3~4年、お正月はこの帯です。お正月用の 柄、独楽や羽子板、注連飾りなどが刺 繍で入っている名古屋帯。本当にお正月の幕の内だけしか締めない帯ですが、大好きな帯です。帯締もお正月っぽく丸組みの、少し金糸が入ってぽってりした帯締 をあわせてみました。ぶら下がっているのは携帯のストラップです。根付けを意識したトンボ玉とイミテーションパールのチョイエレガントな効果を考えて。この日はやはり半衿、足袋は白です。初詣、初買い物のあと、銀座へ。近所の友人にばったり。さすが地元。(笑) 今冬、寒いということでウォームビズ仕様のインナー、わかりやすく言うといわゆる「ババシャツ」を購入したのですが、これが大正解!詳しくは次回でご紹介しますね。みやざえもん的には大ヒットです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

正月2日にして本の雪崩と化す我が家。

PICT0834 世の中は正月です。我が家もそれなりにお節なども食しました。が、大掃除が(なんとなく)終わった(気がする)12月31日に、息子の部屋替え・・・というか、親が仕事部屋として占拠していた部屋を突如、明け渡しを迫られて大晦日の夕方から再び大掃除まがいの民族大移動。道半ばで迎える元旦。そして今日2日も廊下に積上げられた移動場所が確保できていない11の本の山、山、山。しかもそれが雪崩うって壁を直撃。傷、傷、傷!!みやざえもんの怒声、怒声、怒声!!あ~、こんな2006年の幕開けです。

とりあえず、みやざえもんのPCは同居させてもらっていますが、いづれ11のように難民と化す運命。結局空いてる部屋を(本来の使用目的がある部屋なのですが)つぶして引越しになりそうです。実はこの部屋が、きものをとっ散らかす部屋でもあったのですが・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/01

A HAPPY NEW YEAR!2006

明けましておめでとうございます。2006年です。大晦日の一通りの年中行事を済ませ、家族も寝静まり、風呂上りのゆっくりした自分の時間です。ホント、久しぶりという気がする時間。0時前まで、お蕎麦を茹でながら、天婦羅を揚げながら、デザイナーと原稿のやり取りをしていたけど(危ないので良いコは真似をしないでください。・笑)、やっぱりいつになく気分がゆったりして、眠るのが惜しい時間になってしまった・・・。

月刊アレコレを創刊してちょうど1年、もう?という気分70%。まだ?という(くらい濃い)気分30%というところ。好奇心をエネルギーにここまで辿り着きました。文字通り、アレもコレも道草のようでいて、結局のところ、無駄は何もないモンなんだなって改めて思った1年でもありました。今年もよろしゅうお願い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »