« 人の顔は、90%が左が美しい。 | トップページ | 舞台衣裳の力。 »

2006/02/27

人の顔は、90%が左が美しい。Ⅱ

「左の顔の話」・・・というか、「顔の左右の話」といったほうがいいと思います。「撮影の世界では常識」だそうで、「カメラマンはみんなそういうわよ」と、おっしゃっていたわけです。理由といえばそれが理由なのですが、ではなぜカメラマンはそう思うのか・・・・・。

まず、別な意味で常識的なことは、人間の顔は左右非対象であるということです。自分の顔を鏡で見てもわかると思います。あとはみやざえもんが聞きかじったことです。―ある心理学者のこういう実験があります。

男女14人に、それぞれ幸福、怒り、恐怖、悲しみ等の感情6種類を表情で現してもらい、その顔の写真を撮ります。それぞれの写真を右だけの顔、左だけの顔に加工して、被験者に見てもらうという実験です。その際、顔から感じる感情の強さを7段階に分け、最終的に70種類のうちの45枚が、左側の写真がより強く感情が表れていると評価されたというものです。

さて、ここでもうひとつ。人の脳は右脳、左脳に司られていることは周知だと思います。左脳は、論理的なものの考え方(知性)を、右脳はひらめきや情緒的なものの考え方(感性)を司っています。アーティストは右脳の活動が活発だといわれるのも、ここですよね。で、左半分の顔は右脳(感性)に、右半分の顔は左脳(知性)に司られていることを考えると、左の顔がより表情が豊か、本来のその人の顔をいえるというわけです。

化粧品業界でも、右半分は外面を、左半分は内面を、表すと一般的に認識されているようです。心理学者のウオルフは、右はやさしい顔で、左はなんとなく恐い印象を与えると、一見反対のことを言っていますが、これも捉え方の違いで、彼は右は社会的な顔(外面)なので、意識して取り繕うことができる(ゆえにやさしい顔も作れる)、左はその人そのものなので、ある意味ごまかしようがない(ゆえに感情がそのままで恐い)という分析なのですが、ともに、右は知性であり、左は感情であると言ってるんです。

では、なぜコントロールできる右ではなく、左が美しいのか。その人の個性が素に近い感じで表情豊かだということなのではないでしょうかね。

それと、撮影のときに感じるのは、見る側の感情。左利きの人はわかりませんが、見る側にとっても、右向き、つまり左の顔が見えているほうが自然で、違和感がないということなんじゃないかな。テレビやグラフィックの枠でも、右向き、つまり見るほうからすれば左を向いているほうが落ち着かない?

プロのカメラマンは、「人は必ず、左右どちらか、写りのいい方がある」といいます。それの90%が左向きがいいということなんですね。カメラマンはレンズを通してモデルをこと細かに、観察しているというなんだと思います。みやざえもんも写真は左を見せて・・・・でもその前に自分が90%か、10%か、確認しなきゃね。つまり、勝負顔は右か左か、ネ(笑)。

|

« 人の顔は、90%が左が美しい。 | トップページ | 舞台衣裳の力。 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

思わず、洗面台の鏡まで走りました。
顔が左右非対称だということは知っていましたが、奥が深いんですねぇ。
以前テレビで、正面から撮った写真の真ん中に鏡をたてた顔、つまり右だけで構成された顔と、左だけで構成された顔を並べてみると、全く違う・・という実験を見ました。非対称とは知っていたけれどこんなに違うものか・・とびっくりしました。あれが「内面顔」と「外面顔」ということですよね。私、自分の写真PCで引き伸ばして
やってみよう!!ま、元が元ですから「美しい」ってのはともかく「優しさの見える顔」を知りたいですね。(あるつもりかい?!)
体のゆがみは20年くらい前、左の肩こりがひどかったとき、左右の足の長さが、2センチ違いました。その場で治してらいましたら、肩こりが和らぎました。肩がこるからゆがむ、ゆがむから肩がこる・・の悪循環だといわれましたけど今も肩こり症、今計ったら5センチくらい違うかも。
健康でありたいものです!勉強になりました。
ありがとうございました。
私のブログ、着物と体型?その他もろもろの続きの予定です。

投稿: とんぼ | 2006/02/28 03:05

とんぼさま
私もそう思いました。「いい顔」しなきゃ、知らなきゃ、ですね。
化粧品メーカーが言うには自分の左右の顔の違いを知って、自分がどちらの顔が好きか、なりたいかを意識して、そのなりたいほうの顔に近づける努力をするということらしいです。

デジカメで撮った正面の顔を2枚プリントアウトして、半分に切った右同士、左同士をくっつけて研究するんだそうです。
節分前であれば、再利用できたんですがね。(ナニに?・笑)

投稿: みやざえもん | 2006/02/28 07:26

よく解ったような・・・
「生物学的・宿命的形態変化」と言うことね!とすると、努力では埋まらないのでは・・・??ま~いいや?これからは出来るだけ女性の右側に立つように心掛けるよ!!!
疑問が幾つか・・?多くの人は差異を感じさせないのですが、ホントに稀にはっきり違う人いますよね?あれってどうしてだ?それとダウン症の子供達(悪気ありませんふと浮んだので)テレビ等で見た外国の子供たちも、皆兄弟のように感じます、病と言う事・・・余計な事聞いてゴメン・・・もしすでに回答があればと思い・・・??

投稿: maymayman | 2006/02/28 16:15

maymayman
でもそれをメイクや、マッサージで(顔の筋肉などを鍛えて)いい顔に近づけましょうってことみたいですね。

ダウン症の子どもさんのことはよくわかりませんが、
彼らは染色体異常で、共通の特徴的な顔や性格(多くは明るく音楽好きとか)を持っているということですから―、
その染色体が21番目のものらしいのですが(今、ちょっと調べてみましたら)、定まったものだからでは・・・ないでしょうか?? これ自体は明らかに感情云々とは関係ないですね。
でも今調べた研究者のサイトでは、実はそれぞれに表情に個性があるということですから「顔」はやっぱりその人なんですよね。

左右違うことについては、
たまたまですが「きものびと」で取材した毎日新聞のコクボさんが興味深い「身体の歪み」の話をなさっていたのですが、(昨夜、トンボさんや千兵衛さんのブログで書き綴ったのですが・・・それでトンボさんの今日のコメントです)
その記事を仕上げるときに調べながら書いていたら、
「身体の歪み」は姿勢や顔にも影響をもたらすという説がありました。かなり事実として周知されているようです。
例えば歯が悪くて右だけで噛んでいると片方の筋肉だけが発達するとか、しかもその片側噛みの影響が肩こりやいろんな症状の引き金になるとか、そういった一連の「歪み」の影響でかなりに形成的に左右の差が出る人はいるようですが・・・。
ただmaymaymanいうところの左右不均衡がどの程度を指してのことなのかは・・・スミマセン、
ここまで延々と書いておいて、分りかねますが。

投稿: みやざえもん | 2006/02/28 18:22

難しいメカニズムは、ようわかりませんが、、、
桔梗、眉書くと、必ず左右不均衡(泣)
ゆえ、眉にはあまり触れないようにしています。
え?関係ない・・・?単に化粧が下手なだけ?
まだあります。
昔は、左が二重、右一重。ある日を堺に右も二重になっちゃた(きゃ)←衝撃発言
ここからが本題。両方とも二重瞼になった桔梗ですが、やはり違うのね。右と左。最初から二重だった左目の方が断然好き。
「女性は90%左が美しい」・・・ふむふむ、納得。本題とマッチ。めでたしめでたし~

投稿: 桔梗 | 2006/02/28 21:28

桔梗
「女性は90%左が美しい」の「美しい」にふむふむしてない?
君のバヤイの正しい解釈を。
「(各自のレベルのなかでは)女性は90%左がマシ」

投稿: みやざえもん | 2006/03/01 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/8867083

この記事へのトラックバック一覧です: 人の顔は、90%が左が美しい。Ⅱ:

« 人の顔は、90%が左が美しい。 | トップページ | 舞台衣裳の力。 »