« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

今週は撮影が2本。

今週は撮影が2本。

今週といってもすでに先週になるこの時間ですが。まずはコーヒーの老舗、ミカド珈琲商会の鳴島佳津子社長は、「きものびと十人十彩」の取材です。写真はお土産にいただいたミカドオリジナルの夢二ラベルの春~冬ブレンドの4缶。これが、1缶目は冬ブレンドでしたが、マジで美味しい。ラベルも素敵でしょ? 夢鎌倉の文字は、ミカド鎌倉店の取り扱いだからです。

さて、とにかく明るくよく話してくださる鳴島社長、海外でトイレで3分できものに着替えて登場、周囲を「アッ」と言わせて喜んでいる方です。特殊な仕立てのきものなのですが、でも、きもの好きなら興味津々でしょ。3分でトイレできものってー?ってヤツですよね。――本誌をば、見てくださいませ。

Pict1923

次の撮影は「きもののセオリー」のブツ撮りです。次号のテーマ、ゆかたの置き撮りです。今回は正直、忙しかったので立ち会いたくなかったけど、でも行ってよかった、ホント。スタジオと違うライティングや撮影のディレクションなど勉強になりましたヨ。撮影帯の作り方とかね。―帯は商品を撮影用に借りるのでそれなりの扱い方があるのです。売り物にならなくなると困るから。売り物にならないといって、もらえるならバンバンに売り物にならない撮り方をするんですが、買取じゃあゴメンナサイ、ちゃんとやりますからって。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/21

2夜連続の新庄詣で、東京ドーム。

原稿の締切が、とかいいながら、日ハム新庄が突然の引退声明を出した翌日、つまり昨日と、そして今日も、2夜連続、日ハムvsオリックス戦の東京ドームに行ってしまいました。(今日も日中、いつになく?必死にお仕事しましたヨ、そのために)

昨日は以前からの予定でしたが、今日は実は予定になかった。でも昨日ドームでSHINJO-SEATが、知り合いのコネクションで手に入りました。新庄が守るセンターのすぐ後ろの席150席くらいあるのかな。特別にいい席というのではないけれど、新庄ファンにとっては、一番真近かに見られる特等席。

新庄、カッコいいなーーーー。新庄、やめるなっっっーーーーー!

Pict1708 Pict1684

ところで今日の先発はダルビッシュ。実はこの予告先発を昨日知ったのもあって、無謀なる連チャン観戦とあいなったのでした。ダルビッシュ、7回で降板でしたけど。仕事の合間の息抜き? 遊びの合間の仕事? いや、深くつっこまないで。今夜は真面目にお仕事だ~~~~。

Pict1660 ←先発・ダルビッシュ有だよン。7回降板。残念。清原にデッドボールもイッちゃったし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/14

今日は睦くんの撮影 in 広尾

月刊アレコレでコーナーがある越中睦くんの撮影です。毎月撮り下ろしの写真は、本誌だけでなくアレコレのウェブサイト「睦の取材帖」でも使います。

今日は広尾の有栖川公園。ナショナルマーケットの向いにある大きな公園です。みやざえもんもその昔、公園内にある都立図書館によく通いました。心配した雨もなんとか止んでくれて、マネジャーさんも時間通り来てくれて(笑)、梅雨っぽい気候でしたが、まずは撮影無事終了。

その後、いつも通りインタビューです。先日、夏の号のゆかたを撮り溜めしたので、「睦の1点」の話もそれに合わせて2回分収録。今日はその後の打ち合わせがキャンセルになったということで時間を気にせず、インタビュー終了後もコーヒーをお代わりしながら雑談。大分年齢も違うけれど、結構嗜好が似ているところも少なくなく、今日もデビット・ボウイが好きという話で一気に中性的な魅力、ファッションの話に突入でした。

「これ、聞いてみます?」と、彼が自分のipodのイヤホンを差し出した。「秋に出す予定の新曲なんです」。もちろん作詞作曲も睦。最後まで1曲聴き終えた感想は、「なかなか」です。まこっちゃんファンよ、期待していいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

リアルイカ包装紙と、内包装のイカの差って(笑)。

すっかりタイミングをはずした「イカ墨まんじゅう」の感想ですが、多分、皆が想像するよりはまずくない・・・って言ったら丸さんに怒られる~(笑)。いやいや、イカチョコカレーのあとにきた、再び「イカ」なので、そんな期待をみんな、どっかに持ってるかなーって思ったもので。

以前、ダロワイヨのイカ墨フランスパンも食したことがありましたが、ちょっと生臭さがありました。それがイカ墨っちゃあ、イカ墨なんだろうけど。でもこっちは生臭さは無し。中身も黒いけど、アンコではなく、これはゴマ餡なんです。そこに、なぜおまいがここにいるの? ってゆー風情の(笑)、ぽっちりカスタードクリーム。包みでうれしそうに踊っているイカに、一抹の不安を抱く向きもあるかもしれませんが――。

で、結論。味は「イカ墨っこゴマまんじゅう・もれなくカスタードのオマケ入り」です。もしくはイカの着ぐるみを着たゴマ軍団、みたいな。臭みがないのと、ゴマが美味しいのが○。ひとつ言えば、皮がもうすこししっとりしてるほうが、好みかな、丸さん。(笑) ごちそうさま~ず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/09

丸さんの八戸土産。

丸さんの八戸土産。

仕事でほとんど毎月、東京に出張で来るという丸さん。月刊アレコレの編集部のすぐそばに来ることもあるとは聞いてましたが、先週末、会いましたぁ〜。 みやざはジャスト仕事先から戻ったところで、その日はたまたま予定より早く終わったのでお目にかかれたわけです。 でもあらかじめわかっていたら、もっと若いみやざえもんで準備したのに。丸さんに、今日は仕事モードなのでわざと地味に作ってるんです〜と、ホントはキューティハニーみたいなんですぅと、申したところ、顔はわかってましたからとあっさり。〓〓〓 きもののことをよくご存じで、みやざも丸さんの店へ立ち寄りたいと思いましたヨ。お土産、ありがとうございます。箱のイカの つぶらな目が、ビミョーな味わいです。(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/04/03

アレコレの撮影、無事終了。

アレコレの撮影、無事終了。

今日はアレコレの撮影を、強風の中にも関わらず大がかりに敢行。 人物撮り7カット、もの撮り3カット、しかもスタジオじゃなく、ロケです。 1カット終わるごとに、すべて着替え、ヘアも変えるために拠点となる借りた場所まで移動して、です。 ――写真は清澄庭園内でのベテランメイクのカネコさんと、モデルのミズキさん。ミズキさんは動物学を専門とする大学院生のお嬢さん。とっても素直な、でも向上心のある女性で、楽しく一緒に仕事ができました。

最初に撮るカットを決め、着るものと大まかなコーディネイトを決定、借りられそうなところに連絡、そろえます。あ、モデルも選びます。今回は仕立てもして協力してくれたメーカーがあったので恵まれていましたが、でもやっぱり足りないものを収集するのが、ホントに一苦労です。毎回ですが、私物も総動員。そのためにみやざえもんは街中を歩くときも、「撮影に使えそう」視線ビームを発射しつつ歩いています。

当日のタイムテーブルを作成して、カメラマンと撮り方を打ち合わせ、ロケハンに行き候補をピックアップ。その後、みやざえもんが撮影許可願いの行脚にでます。今日日、普通のカフェでも「有料、時間1万円」というところも少なくなく、ここが泣き所です。雨の場合も考えなければならないので。どの辺りのリスクを持つか回避するか、です。

その後は着付けさんと、それぞれでのカットでの細かいコーディネイトや着せ方の打ち合わせ。同様にメイクさんにもこちらの撮りたいカットや雰囲気、テーマなど意向を伝えてます。

カット数が多いのでタイムテーブル通りに進行させるのが、ポイント。それは時間通りの終了を目指すだけでなく、「太陽の光りの回り具合」にも関係するからです。10分遅れると、顔に光りが被るとか、陰るとか。そうなるとそれを回避、解決するために別な時間と手間を要します。

最終的には余裕で終了。ほ~っほっほっほと、思わずマダム笑い、高笑いが出るみやざえもんです。でも、着付けのスズキさん「実は打ち合わせの段階でこの時間通りは絶対無理と思ってました」。―いや、みやざも実はそれはわかってました。カメラマンとも「机上のプランでは撮れるけどね」と言い合ってたので。当の本人が「奇跡的」と思っているんですから(笑) 途中、やっぱちょっとしたトラブルもありましたが、スタッフの皆さんのチームワークで無事終了しました。

さ、あとはデータもらって残りの原稿、仕上げなくっちゃ、デス。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/01

内職の長い旅(泣)

内職の長い旅(泣)

ブログをサボっているのはですね、いま、書く余裕がないんです。マジで神経衰弱になるかもしれないような内職してます。レースの刺繍に沿って、上に重ねてある余計な部分を切っていく作業。みやざえもんが最も苦手とする分野です。来週、大事な撮影があってその準備も忙しいときにこんなんやってるのは、それなりに理由があるんですが。 切り取り作業、片側の旅からやっと生還しましたが、今回もう片側の旅は…、もどれないかもしれない。また、長い旅にでます。(涙)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »