« きものとプリーツスカートの話。 | トップページ | 銀座で取材。美波が選ぶきもの編 »

2006/05/11

寸胴扁平女は、納得のいかない補正のはなし。

あるサイトで補正セットなるものが売ってました。安くないけど使うヒトは便利かも・・・。

PICT0862みやざえもんは補正はしないヒトです。改まったとき以外はきくちいまさんもしないと言ってらした。(月刊アレコレでイラストエッセイ「きものの引きだし」連載中)私の場合、胸辺りに結構シワはでるんですが、「シワも美学」ということで、自然じゃ~、なちゅらるじゃ~と、まあ、シワにまみれているわけですが。

←以前アップした、今年の正月に着たやわらかもの。帯がお正月柄です。

で、その補正のポイント、そこのサイトでは ①胸を平らにすること ②腰を寸胴にすること といっております。これは多分誰もが知っていると思うし、みやざえもんももちろん知ってます。・・・・・・・・でもなぁ~・・・・考えてみりゃ、自慢じゃないですけど、

 帯板の 代替となる 君の胸  

こうまで謳われた、つまり、ナンですわ、豊か過ぎないってことですわ、胸が。しかもパスタを茹でたくなるような、寸胴。クビレがないんですよね。要は貧弱なんですよっ、はっきり言って! (因みにこの句を捧げてくれたのは、桔梗こと「みそひともじ」のコラムを持っている・・・方です)

ここで賢いヒトは思うはず。胸、平ら。腰、寸胴。見事に補正済みの素晴らしいカラダではないですか。・・・・なのに、なぜ? 思うに、タオルや補正パッドって、平らとか寸胴とかっていうより、上にくる紐やきものや帯が安定するってことじゃないのかしん。

だから 裾よけの)紐1本、肌襦袢1枚が補正になるの」なんでしょうね。←これは月刊アレコレVol.15の「きものの基・裾よけと肌襦袢の偉大な役割り」でのコメントです。

またまた「貧弱なカラダ」に戻りますと、みやざえもんはさらに肋骨が出てるんですね、ヒトより。その肋骨が空港の荷物を流すコンベアーみたく、コロコロで帯が下に運ばれちゃう(落ちやすい)みたいなんです。誰か、コンベアー、止める方法おしえてくれませんかネ。

|

« きものとプリーツスカートの話。 | トップページ | 銀座で取材。美波が選ぶきもの編 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

お教えしましょう^^
下っ腹を出してください^^;
私も胸板が厚いです~。~;
落ちゆく帯を下っ腹が持ち上げる、と言う素晴らしい連係プレーです^^;
座ったときは帯が下っ腹に食い込んでますが=.=
おはしよりがこの下っ腹をちょっと隠してくれる…
まったくブラボーです^^着物って☆

若い頃の着付け教室で「あなたの身体が一番着せやすい」と
先生に太鼓判を押され、毎度モデルになっていた、自慢の寸胴ボディです;▽;

投稿: はち | 2006/05/11 12:39

はちさま
いや~(爆)、仕事の途中で受けました~。
「素晴らしい連携プレー」、無敵の素晴らしいアドバイス、ありがとうございます。
コレに勝つ者よ、出てこい!って感じですね。

ボンキュッボン・ボディの次にクルのは、
ズンドッズン・ボディ協会ですねー。
名誉なる1号、2号ってコトで(笑)。

投稿: みやざえもん | 2006/05/11 13:10

ちなみに、桔梗、苦労してます。
豊かな胸を潰すのに。。。
あらっ、ごめんあそばせ。お許しになってみやざさん。
みやざさんへのあてつけではございませんのー。
ところで、、、素性ばれちゃった?
イメージ壊れるから・・・もう下手なカキコはできませんわ~
(といいつつ、カキコしている桔梗であった)

投稿: 桔梗 | 2006/05/11 23:32

あ、まずかった…かしらん。
素性が、桔梗部屋で、勘三郎を観るため法事が多くて、超低血圧で、ときどきキャサライブに出没するって、ばれて…。

名前ははずしときましが、いやいや、でも日々を謳うブログの歌は多くの人に見てもらっても良いよね。

投稿: みやざえもん | 2006/05/11 23:57

今更だから、別にかまいませんよー。
>日々の短歌
好き勝手に綴った歌ばかりですが。。。

投稿: 桔梗 | 2006/05/12 00:27

桔梗様!

私の拙文、うけていただいたようで、ありがとうございました。
私も桔梗さんのブログへよくお伺いしているのですが、
いつもご常連で賑わっておられまして、私はおくてのせいか、
つい入りそびれてしまっておりますので、こちらでご挨拶を
させていただきます。

「帯板の 代替えとなる 君の胸」
着物好き同士ならではの、厚い友情を感じる歌ですね!
感動した私は、返歌として下の句を捧げたいと思います!

「帯板の 代替えとなる 君の胸
     湯気に揺らめく 洗濯板に蝿二匹」

仲良しのお二人が、温泉につかりながら、和やかな
ひとときを過ごしている情景を温かく歌い上げました!


みやざえもん様!

場所をお借りしまして申し訳ございませんでした。
と、油断させておいて、迎撃ミサイル発射!
まだ、続いてるのか?って感じで驚いた?(笑)
それが、油断だっちゅうの!って彼女達はいずこへ?

投稿: 萬屋千兵衛 | 2006/05/12 14:47

千兵衛、桔梗のお二方。

う~む、豊かなるコミュニケーション、

   我が胸のここまで人の役に立てりかな

…って、単にイジられてる~(笑)。
よくお聞き召され、千兵衛奉行(って、いつから?)
胸薄くとも、心厚き、熱きは内にアリ、はモハメッド。

ところで、彼の句への返歌も、実はあるんですワ。

 豊かなる胸も怪しげ上げ底の空(くう)なる中身己にも似て

昨年の秋に、アホのように呼応しあった時期がござったなー。

投稿: みやざえもん | 2006/05/12 19:19

おはようございます!

いくら冗談とは言へ、若い女性に対しまして、
少し言い過ぎたと反省している千兵衛であります。
スミマセンでした。

ただ、ご自身が「肋骨が飛び出して、コンベアー状態で、」と
おっしゃっておられたので、つい想像してしまいまして
調子に乗って、一句詠んでしまったという訳です。

《お詫びの印に、フォローする文章を!》

皆さん!プリーツスカートを着ている着物姿の画像では、
みやざさんの立派でふくよかな胸を確認できます。(笑)

あれ?胸って、前についてなかったっけ?
ま、いいか!ひとそれぞれだからね!
じゃあ、仕立ての続きをしてきま~す!(笑)

投稿: 萬屋千兵衛 | 2006/05/14 09:34

千兵衛さま

あははは、いやいや、受けましたー。
桔梗の「帯板」句も、あの時は1人爆笑でしたけどね。
い~じゃありませんか、なにしろ「若く」ないし(笑)。

でも実は、「補正なし」は正確ではありませんでしたね、
考えてみたら。
みやざ、きものの時はブラをはずしません。
ペッタンコにする和装ブラではございません。
パットが厚く入ったブラですから、アネハ補正と申しましょうか、つまり偽装補正ですね(爆)。

投稿: みやざえもん | 2006/05/14 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/10016183

この記事へのトラックバック一覧です: 寸胴扁平女は、納得のいかない補正のはなし。:

« きものとプリーツスカートの話。 | トップページ | 銀座で取材。美波が選ぶきもの編 »