« 同じ日銀座。I 蔵・きものオバサンの巣窟編。 | トップページ | 月刊アレコレ読者と睦ファンの皆さまへ。 »

2006/05/17

次号月刊アレコレ予告でーす。

  昨日は先週、銀座できもの選びをした美波の撮影。

次号月刊アレコレVol.17の予告は

「きもののセオリー」からいきます。週一きもの生活を目指すためのきもの支度、おすすめするのは、ゆかたの次の夏きもの「小千谷縮」です。知ってますか?麻の感触が心地よい、透け感が魅力の夏きものです。しかもリーズナブル。ぜひ本誌でご覧くださいマシ~。

「きもの気分」も今回は小千谷縮。あの透け感をみてくださいヨ~。カメラマンのカケさんが一番時間をかけたカットですから(笑)

そして■ベイビーが生まれたきくちいまさんの連載イラストエッセイ「きものの引きだし」は、”単衣にはまだ早い?”という見出しの今号。そう、セオリーだとまだ袷なんですよね。ところがところが、きもの好きはそんなこと、言っちゃいられません。とにかく快適が一番。ほんといまさんのエッセイはいつも心強い味方です。

そういえば■越中睦クン「Life is Beautiful」は一足早いゆかたでお目見えです。去年からのリクエストで、「もう一度きもの姿が見たい!!」。睦ファンの皆さん、約束、守りましたからね(笑)。

「きものびと十人十彩」は、園芸研究家の杉井史織さんです。六本木ヒルズなど森ビルをはじめ、多くの植栽を手がけている「風のみどり塾」の方です。先日、すでに風物詩としてニュースにも流れていた恒例・六本木ヒルズの田植え。あれも「風のみどり塾」が手がけているんですよ。杉井さんご自身はNHKの「趣味の園芸」も担当なさってるんです。このブログでも取材した日にアップしました。

そして■「きものの基・着付け編」、今回は襦袢です。なにしろきものの美しい着姿は襦袢で作るそうですから、力コブで読んでほしいですね。■そして季節を謳う「みそひともじ」で日本人の感性に触れてください。■あ、「レコレの何でもアリ!」はきものでトイレの話です。尾籠な話と思うなかれ。特に女性には大事な話題ですよ。――というわけで、次号月刊アレコレの話題ピックアップでした~。

|

« 同じ日銀座。I 蔵・きものオバサンの巣窟編。 | トップページ | 月刊アレコレ読者と睦ファンの皆さまへ。 »

月刊アレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/10107420

この記事へのトラックバック一覧です: 次号月刊アレコレ予告でーす。:

« 同じ日銀座。I 蔵・きものオバサンの巣窟編。 | トップページ | 月刊アレコレ読者と睦ファンの皆さまへ。 »