« 日帰り京都Ⅰ・御香宮神社 | トップページ | 日帰り京都Ⅲ・きものショップ巡り »

2006/06/04

日帰り京都Ⅱ・塩沢と下駄の話

Pict2599_1

■塩沢紬に絽の名古屋で。

最初、黒のパンツスーツを着ていながら、行く場所を考えて急遽、きものにお召し替え。5月末日。アレコレのきものびととしては当然すでに単衣シーズンですが、問題は帯。6月はきもの単衣に、帯小物は夏物がセオリー。で、シャリ感のある塩沢の白っぽい蚊絣に、絽の菖蒲の名古屋帯。コレは作り帯なので10分で着替え完了。東京駅へGO! 

■不健康なきもの生活は×です(笑)。

この日は本当に暑かったので、セオリー通りの袷なら死んでました(笑)。でも30度近い暑さだったから白も不自然じゃないけど、もし肌寒い日ならちょっと寒々しいでしょうね。やっぱりきものって季節(気温や天候も)を意識することが、快適さを得るコツでもあるようです。皆さん、身体に負担のない健康的なきもの生活を送りましょう(笑)。そして月刊アレコレきくちいまさんの「きものの引き出し・単衣にはまだ早い?」を読みましょう。因みにこの塩沢は昨年ながもち屋で¥5000でGETしたものです。

Pict2640 Pict2647←以前に吉右衛門歌舞伎で締めた帯が右。同じ人の作品なので似てます。

■シャリ感について。

きものを着始めた当初、よく「シャリ感のあるきものです」とか言われても、いまいち理解できないことがありました。「しゃり感」って、背理法じゃないですけど、ペトッて肌につく絽と反対の感じ。生地にハリがあって肌に着かないので涼しく感じます。 だから、さらっ、シャリッ、なんですね。麻の風合いを表すときにも良く使われる言葉です。きもの雑誌でも当たり前みたいに使う言葉だけど、意外とそのものの意味を先におしえてくれ~ってこと、ありませんか。塩沢もシャリ感があるきもので、単衣に仕立てることがほとんどです。

Pict2596 ■下駄にも格がある、の話。

←下駄は大久保信子さんの「龍村の名物裂を写した下駄」です。利休白の鼻緒、赤の前ツボが大人可愛いでしょ。

以前、月刊アレコレの掲示板でごん太さんが「下駄でも種類によって格がある」という記事を雑誌で読んで、どういう基準なのでしょうと質問されたことがありました。

通常下駄はカジュアルな履物で、いくら気軽に普段きものとはいえ一般的に言えば、ちゃんとしたホテルに素足で下駄は「ない」でしょう。でも、鼻緒の柄や素材がグレードの高いもの、つまり「龍村の名物裂」を写した「絹素材鼻緒」なら、よほどフォーマルでなければOKだといいます。そういう鼻緒をすげている下駄は当然、下駄そのものもいいものであるということです。

Pict1838 みやざえもんが大久保さんの下駄が好きなのは、①適当な格があるなので使用範囲が広く(歌舞伎座やホテルの食事もこれで)、②紬や小紋なら草履よりおしゃれで合わせやすいし、③今風で高さ(5cm位)があるので、腰から下が長くすっきり見える、④疲れない、などの理由です。ネットや銀座しゃれぎ屋さんなどで購入できます。

←みやざえもんのは上。下は草履タイプの形になっています。

|

« 日帰り京都Ⅰ・御香宮神社 | トップページ | 日帰り京都Ⅲ・きものショップ巡り »

きもの」カテゴリの記事

コメント

ステキですね!
今までの映像の中では一番いい女に見える!(笑)
シャリ感もあるのでしょうが、シャレ感もあって大人の女の雰囲気プンプンですよ!(笑)
半襟は画像が小さくてよく見えないけど、足袋は白でスッキリしていて、これも良し!
一緒にお茶でも飲みながら、静かにお話したい感じですね。

そうそう、下駄が好きな理由の⑤に「武器になる!」なんてのはどうですか?

投稿: 萬屋千兵衛 | 2006/06/04 18:40

訳知りは上手にお買い物!良い物ゲットしましたね!!
専門家としては・・・絣がよれている様に見えますが5千円は安すぎ!!!ご注意を一つ、強撚掛かっている塩沢やお召しは水気に弱いです!水が掛かると凄く縮みます!撥水加工をしておいた方がいいよ!!余計な事をもう一つ、帯締め白っぽいものでも良かったのでは?
そうそう、季節にこだわるのも文化ですが、衣料は体温のコントロールも大切、普段着はお好きなものを着たらいいよと言っています!冬に半袖いいじゃありませんか・・・ごちゃごちゃ言うのは大きなお世話です・・・但し、自分をしっかり持ってください?
好きな理由その⑥・・「明日の天気が直ぐ解る?」は・・・

投稿: maymayman | 2006/06/04 21:31

好きな理由その③・・・「下駄を預けるのが得意だから」なんてのは?
それより、もうそろそろ首より上の画像もUPしてもいいのでは?アレコレで既に面も割れてるだろうし(笑)
でも、いいね。涼しげで。
桔梗も明日、今年初の単の紬を着ます!楽しみ~。

投稿: 桔梗 | 2006/06/04 23:38

千兵衛さま

>今までの映像の中では一番いい女に見える!(笑)

今まで以上にいい女に見える!と、訂正が必要です(笑)。
ほ~っほっほっほ、お茶もよろしくてよ、千兵衛さま。
(久々の意味不明マダム笑いが出てしまいました)

投稿: みやざえもん | 2006/06/05 06:42

maymaymanさま

お~、プロのお墨付きがついたところで、
もう少し価値が上がりそうです(笑)。
いただいたご注意、参考にいたします。

>⑥・・「明日の天気が直ぐ解る?」は・・

これは、受けます。そして、>武器になる につながるかも、誰かの上に落ちて。

投稿: みやざえもん | 2006/06/05 06:46

桔梗

>③・・・「下駄を預けるのが得意だから」なんてのは

さらに言えば、下駄を履かせるのも(笑)。
首から上は門外不出の企業秘密サ。
イヤ・・・別に購読者を減らさない努力とゆーワケでは…。

投稿: みやざえもん | 2006/06/05 06:49

そっか!
さすが、お仕事柄、文章のチェックが厳しいですね。
私も根が正直なものですから、つい思った通りの事を言ってしまったのですが、大人の会話としては、そう言わなければならないのですね!勉強になりました。

マダム笑いも、みごとです!
着物が塩沢だけに、「塩沢とき」の、笑いにされたのですね?(笑)

投稿: 萬屋千兵衛 | 2006/06/05 13:28

塩沢とき、かい~。
古っ…、いや、よくは知らないんですけどね(汗)。
誰だっけ、あのすごい眼鏡のオバサン(爆)。

投稿: みやざえもん | 2006/06/05 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/10386138

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り京都Ⅱ・塩沢と下駄の話:

« 日帰り京都Ⅰ・御香宮神社 | トップページ | 日帰り京都Ⅲ・きものショップ巡り »