« 越中睦クンと屋形船で花火。 | トップページ | 吉野美奈子さんのワークショップへ。 »

2006/08/17

ぺたこさんの半衿。

Pict3221 ちょっと個人的に忙しかった夏でした。

金魚――日本では夏の風物詩といった観があります。
米国人の友人に聞くと a goldfish に特別、夏を連想することは米国人はないと言います。

日本人の感性、だよね~。
写真はぺたこさ
んの半衿。ぺたこさんがデザイン、ネットショップ”和キッチュ”がベトナムに刺繍を出して制作しています。各月の半衿があり、みやざえもんは、バラの5月、金魚の8月、黒地の12月を購入しました。各¥1800。

この夏、もうひとつのお役立ちは綿レース・筒袖の襦袢です。母のものだったか、叔母のものだったか忘れてしまいましたが、お下がりです。
でも今年は、夏が短いような気がします。

|

« 越中睦クンと屋形船で花火。 | トップページ | 吉野美奈子さんのワークショップへ。 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

暑い日ばかりで着物を着るのを躊躇してしまいます。。。
いえ、普段着着物普及に頑張らねば。
あぁ、みやざえもんさんがお薦め上手なので思わず商品カートに半襟3枚とポーチを入れてしまった。
9月の「すずめ塾・半襟アレコレ」で披露することが出来ればいいのですが、、、素敵な半襟が届くのを楽しみにしております。

投稿: ももすずめ | 2006/08/21 14:16

ももすずめさん

暑いですねー。
湿気がなければまだよいのですが。
5月のバラは意外と季節を問わずに使えそうですよ。
黒地の吹き寄せは10月でしたね。
9月の半衿お披露目、楽しみにしてます。

投稿: みやざえもん | 2006/08/21 15:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/11472483

この記事へのトラックバック一覧です: ぺたこさんの半衿。:

« 越中睦クンと屋形船で花火。 | トップページ | 吉野美奈子さんのワークショップへ。 »