« 「馬込の月」 | トップページ | 杉井志織さんと飲んだ夜。 »

2006/09/09

表参道きもの事情。

素材を絹にこだわったプレタきものショップが表参道にオープンして、行ってきた。
「花詩歌」。表参道ヒルズを少し行き過ごした先の路地を右へ。
最近人気の薔薇をモチーフにした帯など、レトロテイストが入ったデザイン。
レトロ独特のクセは押さえられてすっきりした感じ。でもコッテリ系が好きな人には物足りないかも。
小紋で7万~。写真は正絹丸ぐけの三分紐¥2500。細い丸ぐけ、探してました。やっと出会えたのね(涙)。種類も揃っています。

Sitouhisayo_1 表参道ヒルズの通りに面したショップで、紫藤尚世なるデザイナーの新作展示を華々しく行っていた。

最近ネットでコーデュロイのきものを販売しているところがある。
ここも細いウネの綿コーデュロイを素材に、片身代わりのデザインを施したプレタきものは、約10万円。
個性的、ではある。が、きもの好きな人のきものではない。パフォーマンスをあげたい”業界人”が好みそうな瞬発力のあるダイナマイトなきもの。
これ着てパ-ティに行ったら「さすが、○○さんね~」と目を惹くことは確か、だね。
コーヒーが入っている麻袋(そのまま)の風合いを生かした帯もございます。

ところで、メンズの正絹紬は40万円以上。・・・・・・。

もう1店は花詩歌の近く、ビルの地下、「昔キモノと大正ロマン・大江戸和子」。ここはおしゃれに、可愛くまとまっている。店員も、まあ○です。きものも結構可愛いのがあった。

でも、他の店もそうだけど、関西に比してなぜ東京は古着がこんなに高いんだ?
前肩目立つところにシミがあっても、袖口のヤブレを刺し子でかがっていても、5千円はする銘仙。

その先では露天の古着屋が店開きをしていた。昔きものが流行っているのを見越してだろうけど。が、2~3歳児がゆかたに使うペラペラの赤い短い兵児帯が¥1050? 
おにーさん、値札¥100の付け間違いじゃない?
サイズも素材も表示なしでシワだらけで、ハンガーにかかって踊っているきものたち、ゆかたたちが3千円?5千円? おにーさん、間違ってるってば。どうみても半分以上はポリで、いいとこ¥1000でしょ。
青い目のおねーさんが寄ってきていましたけど。・・・・困ったもんだ。

|

« 「馬込の月」 | トップページ | 杉井志織さんと飲んだ夜。 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

いいですねx。着物巡り。
私も日本に帰ったらしたいなぁ。

投稿: minako | 2006/09/10 01:49

美奈子さま

ぜひ!
きものは見るだけでも楽しいですよね。

投稿: みやざえもん | 2006/09/10 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/11821731

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道きもの事情。:

« 「馬込の月」 | トップページ | 杉井志織さんと飲んだ夜。 »