« 求む、筒袖の冬用ホカホカ素材。 | トップページ | ところで、ヤクルト戸田グラウンド・・・。 »

2006/11/04

舞台の着付けさんって、すごい!

Pict4622 プロの技ってゆーのはスゴイもんです。

昨日、明治座で初日を迎えた、三田佳子さんの「最愛のひと」を観に行った。料亭の女将の物語。

衣装を担当したホリヒロシさんも見えていた。きものもすごいけど、言いたいのは着付けの技。動く「きものサロン」です。

Pict4617 この例えに賛否はあるかもしれないけれど、要は正面、横、後ろ姿、全方位的「きものサロン」なのよ~。

歌舞伎もそうだけれ衣装は舞台の楽しみのひとつ。
でも歌舞伎の衣装に関しては自分たちにとって現実的じゃない分、そのすごさをしみじみと実感することは、まあ、あまりない。

←片岡球子画緞帳

でも、昨日、座る、立つ、歩く、横になる・・・・なのに、なぜあそこまでシワがないの~、ラインが崩れないの~。
みやざの顔も着付けて欲しいくらいです。

もちろん、シワひとつないきもの姿は私たちが目指すところではないけれど、あれは明らかに「プロの技」です。

先週、表参道にきものびとが集ったときに「着付け」の話題が出た。
で、「きものの中身」を見てみたいという意見。
自分が着るようになると、いろいろ自分なりのお悩みが出てくるわけです。人のを見て「なぜ胸元があんなにきれいなの?」とか「肩にシワが出ないの?」と、興味津々なんですね。で、使う肌着類や着付け方、補正などが気になる、知りたいということです。

わかる、わかる。みやざえもんも日々、体型の問題も含めて葛藤の日々です。やっぱそれなりに目指す「カッコ良さ」があるワケです。
人によっては気にならない、自然のままでいいんじゃない~という人もいます。そうなんだよね、それも着方、楽しみ方。でも俗なみやざは日々、煩悩を抱えているわけです(笑)。

因みにみやざが目指すカッコ良さは「ユルかっこいい」です。森田空美さんはみやざ的にはNG(って、おい~)。決まり過ぎているから。
一瞬カッコいいんだけれど、ふと見ると、半衿に芯を入れてないユルさがあるとか、ウソっぽい帯留がくっついているとか・・・。

帯もどこか真剣さに欠ける、マイペースなやつを思わせるそんな帯(どんな帯だ?)のユルさが好きです・・・・・って、わかんないよね(笑)。

|

« 求む、筒袖の冬用ホカホカ素材。 | トップページ | ところで、ヤクルト戸田グラウンド・・・。 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

>みやざの顔も着付けて欲しいくらいです
・・・うんうん・・・口角があがっちゃったよ・・・なっとく!!
体形が一人一人違うように、当然着付け方も違って当たり前??
でも!?悲しいかな独り善がりでは多数決の支持が受けられません!
60%以上??スッキリ・綺麗な部分がないとダメでないかな~~?????
がんばってね!!!!!

投稿: maymayman | 2006/11/04 23:14

maymaymanさん

そこ、納得するところじゃありませんから(笑)。

そう、「ユルい」は25%、「カッコいい」は75%っていうのが、目指す「ユルかっこいい」数値的バランスかな。
がんばる~。(笑)

投稿: みやざえもん | 2006/11/05 00:08

>帯もどこか真剣さに欠ける、マイペースなやつを思わせるそんな帯

あぁぁぁ、分かります〜。
そういうのを見ると、つい財布に手が...。
で、「イカンイカン、あんなにゆるいデザインなら自分で作れるじゃぁないか」と夢見てしまうんです。

投稿: りこ | 2006/11/05 01:41

「ユルかっこいい」!理想です~^^個人的には青木玉さん。上半身が少し泳いでる、でも襟元になにかがひとつ通っている・んで、足元までするするっときて、ちょっと内股。はんなりしてて、言葉は辛い!!ああ・素敵ッ!                                                                              私も、森田空美さん系はちょっと「決まりすぎ」と感じます。仕事の打ち合わせを感じる。「気楽な普段着」のページをみても雑巾掛けはできまいな~・と。(ハイ、貧乏人の発想です。)モノトーンは素敵だけど、少し間を感じる、やさしい効き色を入れるのがすきだからかも。(母がいつもそういう着方をしてたから・かな)

投稿: ゆん | 2006/11/05 07:20

りこさん

そして、生地購入、収納」、放置(爆)。
いえいえ、それでも追求せずにはいられませんよねー、
自分の「ユルかっこいい」。
でも、りこさん、「ユル可愛い」線、いってます。

===========================
ゆんさん

「ユルかっこいい」同盟へようこそ(笑)。
そうそう、おっしゃる通り。
森田さんのきものは、ビジネススーツとバランスが取れるきものというより、ビジネススーツそのものって感じ・・・かな。

多分「ユルい」は上半身にありますよね。
着付けとしぐさの「柔らかさ」、
コーディネイトの「進歩的な隙」。
「かっこいい」は下半身のすっきり、きりりとしたライン。

投稿: みやざえもん | 2006/11/05 21:26

ユルかっこいい同盟へ仲間入れしてくださいませ(^^)
でもユルは出来ても、かっこいいはなかなか難しいものが・・・(^^ゞ

私の好きな着付けは基本的には、きくちいまさんや君野倫子さんかなぁ。
ほんと、普段に着たいです。

投稿: まーくん | 2006/11/07 21:13

まーくんさん

よろこんで!(笑)
「ユルかっこいい同盟」会員4名様でご案内ー……
どこへ(笑)。

そう、いまさん、君野さん、いいですよねー。
でも気張らずにそれを目指すその「生き方も」
ユルかっこいいにつながります。(とゆーほどのもんか?笑)

投稿: みやざえもん | 2006/11/07 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/12551134

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台の着付けさんって、すごい!:

« 求む、筒袖の冬用ホカホカ素材。 | トップページ | ところで、ヤクルト戸田グラウンド・・・。 »