« 初取材は二十歳の美波。 | トップページ | ちょっとお休みします。 »

2007/01/05

伊勢丹のきもの30点。

伊勢丹で30点の着物?? 「正面のウィンドウ、ぜーんぶよ」と聞いて、
取材の帰りに新宿伊勢丹へ寄ってみた。

ほーーーーー。
表のウィンドウ全てに加えて、1階中央ホールまで。
見事なきもの、きもの、きもの。
新聞の元旦広告で使われていた、真紅のきものと帯のコーディネイトも見ることができる。
きものの種類やコーディネイト、価格、好み云々もスッ飛ばしてしまう迫力の、きもの。

これはきものに象徴された“和”なのだ。
しかし、啓蒙的に“和”の生活に戻れというのではなく。
“和”というライフスタイル、きもののファッションがジャンルとして、ひとつの選択肢として在るということなのだ。きものが独立宣言したような、2007年をひしと感じたみやざ。
うれしいじゃないか。それまでの日本人にとって、あるような、無いような、実生活の中では存在が薄かった和ときものではないと、思わされたディスプレイだった。

――で、遅いぞ、武蔵・・・・ではなく、伊勢丹(笑)。
アタシたちはすでに実生活の定番としてきものがあるのサ。

Pict6106 Pict6119
Pict6123 Pict6124 Pict6126

Pict6134 Pict6137 Pict6141 Pict6144

|

« 初取材は二十歳の美波。 | トップページ | ちょっとお休みします。 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

すてき!すてき!ぱちぱち!
私も、最近、深紅と黒の着物のコーディネーションを考えていました。
きっとNYのどこで着てもすごく華やかだろうなって。
一番上の左のコーディネーションはおいくらぐらいなのでしょう?
このような組み合わせの良い点であり、問題点は
一度で覚えられてしまうことですぅ。
たくさん着物があればいいけど、
今は唯一、輸入できた訪問着しかないから
でも未来にはゲットしたいと思います。笑
良いなぁ。深紅の着物。
大久保さんにもお目にかかりたいなぁ。
あ、みやさま、
NYで着付け教室をやっていらっしゃる方をみつけました!
これで、お手入れのことも伺えそうです!
うきうき!

投稿: minako | 2007/01/06 07:14

minakoさま

一番上のは実は、ヨージ ヤマモトで、
きもの、帯、小物、トータルで100万円くらいするお品です。
チクるわけではありませんが、
ものを知っている人からすると、「高い」。
でもヨージ ヤマモトの付加価値をどのあたりまで認めるかによって評価は異なってくるのでしょうけれど。
私はとても面白いきものだと思って見てました。(他の種類も見ているので)

でもね、minakoさん、意外と呉服屋さんで好きな色に染めてオーダーする方が安く(適正)好みのものを作れます。
「購入する人」が決まっていればリスクが少ないから。
特に色には絶対的にこだわるminakoさんなら(笑)。

NYでこんなにきものに夢中になってくれる
アーティストがいるって思うと、なんかすごく幸せな気分です。(笑)また来日の折、機会があれば大久保さんもご紹介しますよー。

投稿: みやざえもん | 2007/01/06 11:22

嬉しくなる様なファッションショーですね。
京都でも伊勢丹の着物コーナーは話題になっています。
呉服売り場に活気をもたらしたと云う事で。
他の百貨店も注目。
高島屋なんかも展開を変更したそうです。

見ていると、東京だけが活気があるみたいですね。
「たけうち」以後の最大の余波が来そうだと京都の業界はおどおどしている様に見えます。
新しい感性で積極的に前へ進んでいかないと駄目だと思うのですが、問屋連中は後向きがお好みの様です。
池田さんに喝を入れてほしいです。

投稿: otyukun | 2007/01/06 23:37

otyukunさん

え?? 京都伊勢丹でも力が入ってるんですか。
いいですね~。

過去の清算はしなければならないとしても、
それを学習として明日のきもの(の現実)も見る視点が
ほしいですね。
otyukunさんも、ガンバレ~~!

投稿: みやざえもん | 2007/01/07 03:36

そうなんだぁ。
では、私はブランドが無いほうがよいので
世界で1点物をMINAKOカラーに染めていただく方向で考えます。
あら???
スポンサーさえいれば、
着物の色も柄もデザインできるということですよね。
なんか、やってみたくなったかも?
着物をキャンバス代わりに描く?デザインするということ?
あららら?

次回の来日、またご連絡します!

投稿: minako | 2007/01/07 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96378/13349851

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢丹のきもの30点。:

« 初取材は二十歳の美波。 | トップページ | ちょっとお休みします。 »