« またまた足袋ですが・・・。 | トップページ | 遅刻してゴメンナサイの2010年。 »

2009/12/16

呉服屋さんと出会うヒト、出会わないヒト。

T_dsc03867histuji 本日、お誘いを受けて蒲田へ。

ひつじや呉服店を通して月刊アレコレを購読してくださっていた皆さんにお声をかけていただいて、励まし(笑)を受けました。
休刊、なにするものぞ。

皆さん、ひじつや店主の「教え子」(笑)で、右から10年選手・2年選手・5年選手(笑)です。いい呉服屋さんと出会いました。
みやざの右の方は昨年、月刊アレコレの「きものびと十人十彩」で紹介した川上さんです。

3人とも着姿、コーデ、とても参考になる素敵な着こなしなんですよー。こんな風に着物を楽しめたらいいなーと、つくづく。
思うに着物の楽しみって、一気呵成にモノにしようと思うと、いろんな意味で失敗が待ち受けるのかも。「楽しむこと」に時間をかけて大事にすれば無駄買いや衝動買いや安物買い(の銭失い)が激減するんだろうな~・・・・と思いつつ、
でも、でも、分っていてもダメ男にハマるオンナの気分で(どんな気分や?爆)とりあえず、なんでもかんでも欲しい時期、着たい時期が、あるもんなんですよねー。

って、オイオイ、最終結論、違ってるし ( ̄◆ ̄;)

この皆さんは上手に呉服屋さんとお付き合いしていて、無駄買いがない!んですよねー。
敷居が高いとか言われる呉服店ですが、全てが全て、そうとは限らないワケです。
じゃあ、どうして見分けるのかとなったら――、やっぱり行ってみるしかありません。

行ってみて、ダメだと思うなら行かなければいい。ちょっと良さそう・・・と思える店なら、「ちょこちょこづきあい」をしてみればいい。和装小物とか、お直し相談とか。
試用期間というか(笑)、それが過ぎて、アタシのために尽くしてくれそうだワと思ったら(笑)、本採用すればいい訳です。
万人にベストなお店なんてないワケで。ユーザーも自分が何をお店に求めるのか。どんな条件の店が自分にベストなのかを認識することも大事です。

で、店探し、なんでしたら みやざ、「鬼」面接官で同行しましょうか~( ̄ー+ ̄)

|

« またまた足袋ですが・・・。 | トップページ | 遅刻してゴメンナサイの2010年。 »

みやざ着物」カテゴリの記事

コメント

その節はありがとうございました。
深く考えることなく、ほとんどひつじやさんだけで
用を足している自分って
まったく贅沢なんだな~と
あらためて考えさせられた一日でした。

わかっていながら駄目男に手を出す娘に
ぐっさり釘を刺す父のような店主のおかげで
理性を呼び戻しつつ
ここまで楽しく精進することができました。

よそで作ったキズがないわけではありませんが
最小限のお勉強ですんでいるのも
ウルトラの父のおかげなのですよね。
そして、「父」を紹介し、
着ていく機会を作ってくれた
お友達にも感謝!です。

みやざえもんさんが
別の「父」の見立てをしてくださるなら
初心者も安心して
呉服屋さんののれんをくぐれますね。

最後にはそういう人と人との繋がりが
大事なんだな~とも思います。


好きな着物は何ですか?という質問に
即答できない自分が情けないですが
なにかが一番好きというのでなく
今日はこんな気分、とか、
なにかでなければと決めてしまわずに
あれもこれもありってことで
了見してくださいませ~

そしてまだまだ知らないことがいっぱい。
・・・次に出会うものは~いつ?何だろう~?
明日かも??!!!

またお目にかかって刺激的かつ最先端の
着物事情を伺えたらと思います~!
そして、
ニューアレコレ、楽しみに待つことにします。

ではでは、良いお年をお迎えくださいませnote

投稿: JoanneKathleen | 2009/12/18 02:12

JoanneKathleen さん

こちらこそありがとうございました。
楽しい「キモノトーク」ができました。
ひつじやキッチンも美味だったし。

着物にしても、人にしても、呉服屋さんにしても、
いい「出会い」があると、大げさに言うと、
暮らしも、人生も、豊かになりますよね。
娘に傷がつかないよう見守ってくれる
ウルトラの父に(笑)甘えつつ、教育されつつ、
着物道に精進していきましょう(^^

投稿: みやざえもん | 2009/12/19 10:49

ダメ男にほれた過去を持つオンナ…のアタシですが…、
しっかりお勉強させていただき、高額慰謝料とった感じ、って
なんかなまなましいけど、ビッタシの表現です。
ひつじや「父」はまだ見ぬ父で、いつかきっと巡り会えるっ!?
なんつったら「年、違わねーだろが」と、どやされそうですが。


投稿: とんぼ | 2009/12/20 00:21

とんぼさん

前編、昭和の昼帯ドラマ風。
後編、平成のバラエティ風。

予告編、まだ見ぬ父と再会、
そして涙の散財(爆)。

多彩な物語が着物道を
奥深いものにしてるんですねー。(笑)

投稿: みやざえもん | 2009/12/20 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた足袋ですが・・・。 | トップページ | 遅刻してゴメンナサイの2010年。 »