2009/12/16

呉服屋さんと出会うヒト、出会わないヒト。

T_dsc03867histuji 本日、お誘いを受けて蒲田へ。

ひつじや呉服店を通して月刊アレコレを購読してくださっていた皆さんにお声をかけていただいて、励まし(笑)を受けました。
休刊、なにするものぞ。

皆さん、ひじつや店主の「教え子」(笑)で、右から10年選手・2年選手・5年選手(笑)です。いい呉服屋さんと出会いました。
みやざの右の方は昨年、月刊アレコレの「きものびと十人十彩」で紹介した川上さんです。

3人とも着姿、コーデ、とても参考になる素敵な着こなしなんですよー。こんな風に着物を楽しめたらいいなーと、つくづく。
思うに着物の楽しみって、一気呵成にモノにしようと思うと、いろんな意味で失敗が待ち受けるのかも。「楽しむこと」に時間をかけて大事にすれば無駄買いや衝動買いや安物買い(の銭失い)が激減するんだろうな~・・・・と思いつつ、
でも、でも、分っていてもダメ男にハマるオンナの気分で(どんな気分や?爆)とりあえず、なんでもかんでも欲しい時期、着たい時期が、あるもんなんですよねー。

って、オイオイ、最終結論、違ってるし ( ̄◆ ̄;)

この皆さんは上手に呉服屋さんとお付き合いしていて、無駄買いがない!んですよねー。
敷居が高いとか言われる呉服店ですが、全てが全て、そうとは限らないワケです。
じゃあ、どうして見分けるのかとなったら――、やっぱり行ってみるしかありません。

行ってみて、ダメだと思うなら行かなければいい。ちょっと良さそう・・・と思える店なら、「ちょこちょこづきあい」をしてみればいい。和装小物とか、お直し相談とか。
試用期間というか(笑)、それが過ぎて、アタシのために尽くしてくれそうだワと思ったら(笑)、本採用すればいい訳です。
万人にベストなお店なんてないワケで。ユーザーも自分が何をお店に求めるのか。どんな条件の店が自分にベストなのかを認識することも大事です。

で、店探し、なんでしたら みやざ、「鬼」面接官で同行しましょうか~( ̄ー+ ̄)

| | コメント (4)

2009/12/04

藍染を渋可愛く着たいとき。

Aizome0912 昨日とはうってかわった着物日和でした。
本日のこの 藍染の着物って好きなのですが、みやざの平面的な顔立ちでは下手すればお手伝いさん風になってしまいます。
なので、この藍の紬を着るときは、渋可愛く、愉しい着物になるように個性的な染め帯を合わせます。
隠れたテーマは「アタシはお手伝いさんじゃないの」アピール(笑)です。

20年以上前に誂えたとき、当時使われることがなくなっていた紅絹をあえて使うことにこだわりました。わざわざ探してもらって一疋で購入、紅絹の赤がちらりと覗くことを狙ったのですが・・・・・、

まさかアンティーク着物がこんな全盛になるとは知らず。
紅絹を使っているこの紬が古着っぽく見えないよう、想定外の苦労もちょっとしています。

ん?! って、20年以上前ってことは・・・・すでに古着の域じゃないの ミ(ノ _ _)ノ

| | コメント (0)