2006/08/22

二つの甲子園。

Pict3436 延長15回で再試合。――ずっとずっと昔、一度あったっけ。松山商業と三沢高校。

もちろん、誰もが情報として知っていることだから、別にもったいつけて言うことでもないけれど、小学生だった自分の記憶の中に、夏、扇風機が首を振る茶の間で、家族と共に釘付けになったシーンが思い出されるという意味での、ずっとずっと昔、である。

Pict3428 北は勝てない。――そういうネガティブな通念を覆した駒大苫小牧は素晴らしいチームだけれど、3年連続で甲子園に来ている田中くんを打ち負かすチームはいないのかと、ついつい今度は判官贔屓が頭をもたげていた矢先であったから、多分少なからず同じような気持ちで早実・斉藤くんを応援したファンも多いだろうな。

前に当ブログで紹介したことのある、みやざえもんがスコアラーをしている少年野球チーム、東京代表の有馬スワローズも先週、”小学生の甲子園”と称される全国大会へ挑み、初戦は勝ったものの、その2時間後に行われた2回戦で、5-6で惜敗。

勝負だから、勝ちもあれば、負けもある。でも、高校野球も同様に、意味のない”負け”はないと、声を出して泣き続ける少年たちを前に思うよ。

なんか、夏も終わりに近づいている・・・・のかな。
デザイナーから催促も来ていることだし、原稿を急がなければ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)