2006/06/26

少年野球

Pict2722_1 少年野球の甲子園と呼ばれている、唯一、全国大会まである大会があります。高円宮杯全日本学童軟式野球大会、通称マクドナルドトーナメント。

みやざがスコアラーをしている中央区代表チーム・有馬スワローズが東東京代表として、全国大会出場を決めました。地区予選から勝ち上がって、都大会へとコマを進め、9試合、勝ち続けての決定ですPict2724

みんなよく頑張ったよね、最後に西東京の代表と戦って、2-3で苦杯を喫し東京一を逃したのは悔しいけど、でも全国大会出場の嬉しさはその100倍です。

毎年勝ち上がる強豪チームは、それなりの子どもたちが集まるし、集めます。でも我が中央区のチームは、都会のど真ん中、子どもも練習場所も少なく、その年に入部した地域の子達で編成されているチームです。7人入る年もあれば、1人だけの年もあり、です。

6年生が主体の大会で我がチームは5年生も入っています。それだからこそ、嬉しさは大きい。全国で約3000チームある軟式少年野球チームの半分、1500チームが東京にありますが、その中の代表2チームになったのですから高校野球で言えば公立高校が甲子園にいくようなものなのですよ。

小学生といえど、皆、スタメンを目指して、より上の大会を目指して――夢に向かって真っ直ぐな瞳で駆け上がっていく。負けた少年たちの、泥で黒くなった涙を見ると胸が熱くなります。でも、彼らはすっごくいい子ども時代を過ごしているのだと、嬉しくもなるのです。

さあ、今年の8月は水戸だぞ~。全国制覇してグァムの大会まで目指すぞ~。・・・・って、スコアラーのオバサンが投げる、打つわけじゃないんですけどね。因みにベンチにはきものでは入りません。(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/12

「感謝」という言葉をしみじみと。

PICT1036 みやざえもんの誕生日ケーキです。私がお茶の支度をしている間に、家族がそれぞれ適当に蝋燭を立ててくれたけど、その立て方がランダムで、イラストっぽい感じに納まっていて絵になると思いません?このいー加減さがいかにも我が家らしい。(笑)

大人は年々、誕生日を知っていてくれる人が少なくなっていく。子どもや若者とはイベントとしての意味合いも違ってくるしね。でも、やはり祝ってもらえるというのはまっとうに嬉しいものです。家族や友人、そしてネット上でも「おめでとう」のメッセージをもらえることに、本当にmaymayman言うとおり、誰かれなく感謝したい気持ちです。ありがとう。

ところで今日の校正、直しがいっぱいあった~。(泣) 明日の再校に賭ける!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/23

銀座へ。

CHANEL 天皇誕生日の祝日。目が覚めるまで寝られた今朝は1年に2~3回もない貴重な日。結局午後まで仕事をして、夕刻、銀座へ。

さすがに12月23日。3連休前の銀座はクリスマス前を描いた街の絵のようで。数寄屋橋交差点のソニーの角にはシャネルのクリスマスツリー。ミキモト、負けてるワ。シャネルのロゴは偉大です。通りにはパペットを操るストリートパフォーマー。もう、シャッターを切ること何十回。帰って取り込んだら60枚。でも今日は携帯じゃないので、写真、きれいでしょ。クリックして見てくださいマセ。(笑)

海外へ送るクリスマスプレゼントを選んで(遅すぎ~)、京橋の「美々卯」へ。ここのうどん数寄は美味。飽きのない味です。我が家が20年以上も通っている数少ない店の一つです。明日は6時半には家を出なきゃ。野球の試合があるのベンチ入り。迷スコアラー、みやざです。 PICT0744                                          

PICT0761

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/19

『東京タワー』のオカン。

tokyo_touwer明け方、誰かが布団に入ってきた。いえ、ヘンな話じゃないんですけど。(笑)寝相の悪い息子だろうと、掛け布団を冷えた身体に掛けてから、ん?でも面積がいつもよかデカイ。は?娘?大学生の。・・・・・・1年に1回位こういうことがある。大体は怖い本を読んだから、ビデオを観たから、なのだが。そして、休講をいいことにそのまま人の布団で昼過ぎまで寝ていた。

起きてから、「リリー・フランキーの『東京タワー』って、読んだ?」「ううん。でも作者のお母さんの話でしょ・・・何? 今朝布団の中に入ってきたのはそれ?(理由が)」――5時過ぎまで読んでボロボロ泣いちゃったヨ、オカン、2回も癌になったのとストーリーを話す。「・・・でさ、うちの”オカン”が生きてっかなって、ちょっと様子を見にいってあげたわけヨ」。・・・朝の5時にね。

目が覚めりゃ憎まれ口をきく、いまだに母とケンカもする19才。アリガトね、ついでに人の掛け布団まで持ってってくれてネ。ま、似たもの親子では、あるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)